レスベラトロールはなぜペニス増大効果がある?摂る量も調べてみた!

レスベラトロール

皆さんはレスベラトロールという成分の名前を聞いたことはありますか?
ブドウの皮や赤ワインなどに含まれるこの成分が、老化防止や若返りの作用があると近年注目を浴びています。しかも、若返りだけでなくペニスの増大効果まで期待できるんです。

レスベラトロールはポリフェノールという、植物に含まれる色素の一種です。
ポリフェノール自体は緑茶などにも含まれますが、どうしてレスベラトロールが特別なのでしょう?

レスベラトロールには炎症を抑える効果や肥満を防止する効果など、さまざまな健康効果が期待できます。
しかし、レスベラトロールの最も大きな特徴的は、サーチュイン遺伝子との関係です。

サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれ、この遺伝子を活性化することで、老化の進行を妨げることが可能です。
ただし、誰もが生まれつき持っている遺伝子でありながら、普段は眠っている状態にあり、若返りの効果を発揮することはありません。
レスベラトロールには、このサーチュイン遺伝子を目覚めさせる力があるんです。

サーチュイン遺伝子を活性化させると、ペニス増大にどのような影響があるのでしょうか。

サーチュイン遺伝子には、ペニスを含め全身の細胞を活性化させる作用があります。
そのため、ペニスの機能を高めたり、ペニスの成長を促す効果が期待できるんです。
さらに、レスベラトロールには血行を促進する作用もあり、勃起力の向上も期待できます。

しかし、レスベラトロールが食べ物に含まれる量は非常に少なく、1日あたりに必要な量を摂取するのは非常に困難です。
レスベラトロールが健康効果を発揮するのに必要な量は、1日あたり100~500mg以上です。
レスベラトロールを摂取するなら、赤ワインをたくさん飲んだりブドウを食べたりするよりも、サプリを活用したほうが効率的で健康にも良いですね。

 

亜鉛はなぜペニス増大効果がある?摂る量も調べてみた!

増大サプリや精力サプリには、必ずと言っていいほど亜鉛が含まれていますよね。
欧米ではセックスミネラルとも呼ばれる亜鉛ですが、一体どのような作用があるのか、実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

亜鉛

亜鉛はホルモンの分泌を促したり、精子の量を増やしたりする作用はありますが、ペニスを大きくする作用はありません。
勃起力や持久力など、ペニスの機能を伸ばすだけなら、亜鉛だけを摂っていてもある程度の効果は期待できます。
しかし、ペニス増大を目的とするなら、亜鉛だけでは不十分です。
シトルリンやアルギニンなど、複数の成分を組み合わせて摂取する必要があります。

シトルリンとアルギニンは、どちらも血管を拡張し、血流を促進する作用のある成分です。
血流が改善され、ペニスまで多くの血が通うようになると、摂取した栄養分も血液と一緒にペニスまで運ばれます。
十分な栄養と血液を得たペニスの細胞は活性化され、細胞の分裂や組織の修復が活発に行われるようになります。
その状態で亜鉛が成長ホルモンの分泌を促すと、さらなるペニスの成長が期待できるんです。

男性は30代以降になると、亜鉛の吸収量が減り、自然と亜鉛不足に陥りやすい状態になってしまいます。
ビタミンCと亜鉛を同時に摂取すると吸収率が高くなるので、積極席に摂取しましょう。

また、亜鉛の1日あたりの摂取量は15~30mgを目安としてください。
摂りすぎは副作用を引き起こす危険もあるので注意しましょう。

⇒ヴィトックスαの最新キャンペーンへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ