ペニスが小さい原因って遺伝が関係してるって本当?

ペニス増大 遺伝

ペニスの大きさは遺伝的な要因も影響しますが、成長期の生活にも大きく左右されます。また、包茎もペニスが小さい原因のひとつと言われています。

成長期を過ぎた後でも、サプリやトレーニングによりペニスの増大が期待できます。

たとえば身長がある程度遺伝で決まるように、ペニスの大きさにも遺伝的な要素が関係しているのでしょうか?

実は、ペニスが小さくなる原因について、現時点ではっきりとは分かっていません。
遺伝的な要素が多少なりとも関係しているという研究結果もありますが、それだけが全てではありません。

遺伝子よりもさらに重要なのが、思春期の過ごし方です。
思春期の生活習慣によっては、遺伝的な要素に関係なく、ペニスが大きく成長する場合もあります。

ペニスが成長するのは主に第二次性徴期、10歳頃から十代の終わりくらいまでの間です。
この期間にぐんぐん背が伸びる子供がいるように、ペニスの機能も発達し、見た目にも大きくなります。
成長するために必要なのは十分な栄養と成長ホルモン、そして男性ホルモンです。
毎日たくさんの栄養を摂り、適度な睡眠によりホルモンを分泌していれば、ペニスも大きく成長します。
ところが、思春期の間に偏食気味だったり栄養失調だったり、睡眠時間が極端に短いと、ペニスの成長も止まってしまいます。

また、包茎もペニスの成長を止めてしまう原因です。
真性包茎の場合、大きくなろうとするペニスを包皮が頭から押さえつけるような形になり、成長を妨げてしまいます。
仮性包茎でも、包皮の中に汚れが溜まりやすくなるため、不衛生になりペニスが大きくなりにくい傾向があります。

ただし、ペニスの大きさは大人になってもサプリやトレーニングの力で増大が可能です。

実際にヴィトックスαを飲んだ体験談&口コミ情報はこちら・・・

 

ペニスが小さい原因って生活習慣が関係してるって本当?

ペニスが小さい 生活習慣

ペニスが小さい原因には、遺伝や包茎などさまざまな要素が考えられます。
生活習慣もペニスが小さい原因の一つです。
しかし、体質や遺伝子と違って、生活習慣は変えようと思えばすぐに変えることができます。
生活習慣を改善すれば、ペニスの増大も期待できるんですよ。

では、一体どんな生活習慣がペニスを小さくしてしまうのでしょうか。

肥満による血行不良

肥満は健康にも良くありませんが、ペニスの成長を妨げてしまう要因にもなり得るんです。
肥満体形の方は一般的に、血液中にもたくさんの脂肪が余っています。
このような血液はドロドロとしていて流れが悪く、血行不良になりやすいんです。
勃起してもペニスまで血液が届きませんから、なかなか大きくならないんですね。

 

慢性的な睡眠不足

ペニスの成長に必要なものは、タンパク質や亜鉛などの栄養素はもちろんですが、成長ホルモンも欠かせません。
成長ホルモンは成長期だけでなく、大人になっても重要な役割を果たしているんです。
成長ホルモンは眠っている間に分泌され、細胞の生成や修復を促します。
しかし、睡眠時間が足りていないと成長ホルモンが十分に分泌されず、ペニスの成長も止まってしまうんです。

 

偏った食生活

ペニスの増大に必要な栄養はサプリから摂ればいい、と考えている人はいませんか?
いくらサプリから栄養を補給しても、脂肪分や糖質が多い食事ばかり食べたり、食事を取る時間が不規則で毎日バラバラだったりしては意味がありません。
サプリに頼るばかりでなく、ペニス増大に有効な食材や、血行をよくする食べ物を積極的に摂りましょう。

 

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させる作用があります。
全身の血行が悪くなるので、勃起時もペニスまでなかなか血が行き届かず、大きくなりにくいんです。

 

⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ