ペニス増大のため【禁断】トレーニング術

ペニス増大 トレーニング

効果的なペニス増大を狙うなら、サプリの摂取と並行したトレーニングをおすすめします。

ただし、いきなりトレーニングを始めるとペニスを傷つけるおそれがあるので、まずはスムーズに取り組むための準備を済ませましょう。

ペニス増大のためのトレーニングは、特別な器具も激しい運動も必要ありません。
やり方さえ覚えれば、自宅で簡単に出来ちゃうんです。

準備するもの

トレーニングを始める前に、タオルとローションを用意しておきましょう。
タオルはペニスを包み込める大きさなら、どんなものでも構いません。
お手拭き用のタオルを手の届く所に1枚用意しておくとさらに便利です。

ローションはトレーニング中に使います。
素手でペニスを掴んだり擦ったりすると、ペニスを傷つけてしまうおそれがあるので、必ずローションをつけてください。
ローションは使いやすいものなら何でも構いません。
トレーニング後にお風呂に入ったりシャワーを浴びるのが面倒な方は、洗い流さないローションもあります。

トレーニングの効果を高めるために

トレーニングを始める前に、まずはペニスを温めて血行を促進します。
お風呂に入って全身を温められれば理想的ですが、面倒な場合はペニスを温めるだけでもOKです。

タオルはお湯で濡らすか、もしくは水で濡らしたタオルを電子レンジで温めます。
40~50℃くらいの蒸しタオルを作ったら、ペニス全体を包み込んでください。
タオルの上から両手でペニスを握り、軽くマッサージします。
タオルが冷めてきたら、ペニスが冷えないようにすぐ外しましょう。

 

ペニス増大のため【禁断】トレーニング術その2

トレーニング中はペニスを握ったり擦ったり、引っ張ったりする動作がありますが、力任せにするとペニスを傷つけてしまいます。
あまり力を込めず、やさしく触ってくださいね。

ストレッチ

利き手で亀頭のすぐ下を握りながら、反対の手でペニスの根元をおさえます。
利き手でペニスを下に伸ばすように、15秒かけてゆっくり引っ張ります。
さらに右、上、左と、それぞれの方向に向かって15ずつ引っ張ってください。
伸ばし終えたら手を放し、ペニスを軽く振ったり回転させたりします。
最初のようにペニスをにぎり、右回りに5回、左回りに5回回したら完了です。

 

トレーニングその1(ミルキング)

利き手にローションをとり、ストレッチの時と同じようにペニスを握ります。
利き手でペニス全体を握り、牛の乳絞りをするように、小指から人指し指まで順番に握ります。
親指まで握ったら、その状態を5秒間キープしてください。
5秒たったら力を抜きましょう。
ここまでを1セットとして、1日20セットを目安に行ってください。

 

トレーニングその2(ジェルキング)

利き手にローションをとり、両手でペニスの根元をおさえます。
片手を根元に添えたまま、亀頭に向かって利き手を滑らせます。
亀頭の下まで来たら、ゆっくりと根元まで戻します。
素早く往復させる必要はありません。
1往復3秒ほどで十分です。
20往復を1セットとして、1日3セット行いましょう。

 

クールダウン

トレーニングを終えたら、ペニスから手を放しその場に立ちます。
トレーニング後は射精しても大丈夫ですが、トレーニング中はなるべく勃起状態を維持するために射精しないようにしましょう。
勃起がおさまってきたら、ペニスの根元を握り、軽く回転させます。
右回り2回、左回りに2回回したら、両手でペニスを1分ほどマッサージします。
クールダウンを終えたら、トレーニングは終了です。

⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ