薄毛回復にも良い?噂の真相

ヴィトックスα extra editionと薄毛

ヴィトックスαはペニス増大や精力の増強だけでなく、抜け毛や薄毛の予防、改善にも効果が期待できます。

髪の毛が薄くなったり、抜けてしまったりする原因のひとつに、血行不良が挙げられます。
頭皮の血行が悪くなると、髪の毛を生み出す毛母細胞まで栄養が行き渡らず、髪の毛が抜けやすくなったり、細く弱い髪の毛しか生えてこなくなったりしてしまいます。

育毛剤に血行を良くする成分が含まれているのも、毛母細胞に栄養が届きやすくするためです。

ヴィトックスαにも、L-シトルリンなど血行を促進する成分が含まれています。

この効果はペニスだけでなく全身の血流を改善する作用があるので、頭皮の血行も良くなり、毛母細胞が活性化され薄毛や抜け毛が解消される効果が期待できます。

また、他のサプリメントにはない特徴として、ヴィトックスαにはレスベラトロールという成分が配合されています。

レスベラトロールは長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させ、全身の老化を抑制し、若返りの効果をもたらすと言われています。
抜け毛や薄毛の原因はさまざまですが、加齢も頭髪が衰える原因のひとつです。
レスベラトロールを摂取し細胞を活性化させることで、加齢による抜け毛、薄毛の予防につながります。

なお、日常のストレスや姿勢の悪さ、運動不足なども頭皮の血行を妨げる原因になります。
ヴィトックスαを摂取しながら、同時に生活習慣の改善を図れば、より大きな効果が期待できます。

 

ヴィトックスα extra editionとプロペシアの飲み合わせで副作用は起きない?

ヴィトックスα extra editionにはアルギニンや亜鉛など、男性ホルモンの分泌を促す成分が配合されています。
一方、AGAの治療などに用いられるプロペシアも、男性ホルモンに作用し抜け毛や薄毛を抑制します。

ヴィトックスα extra editionとプロペシアを併用した場合、副作用が起きたり効果が相殺されたりすることはないのでしょうか。

結論から言うと、この二つを併用することで体に悪影響を及ぼすことはありません。

なぜなら、プロペシアには男性ホルモンの分泌を抑制したり、男性ホルモンそのものに直接作用する効能はないからです。

プロペシアは男性ホルモンではなく、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害します。

この5αリダクターゼは男性ホルモンと結びつくことで、抜け毛や薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという成分を生成します。
そのため、男性ホルモンの分泌量が増えても、5αリダクターゼと結びつかない限り、抜け毛や薄毛につながることはありません。

また、ヴィトックスα extra editionは薬ではないので、重篤な副作用を起したり、体に負担がかかるような強力な成分は配合されていません。

ただし、プロペシア以外に何らかの処方薬を服用している方は、ヴィトックスα extra editionを使う前にかかりつけの医師に相談してください。

⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ