ヴィトックスαで薄毛回復しました!ヒミツは〇〇にあった!

ヴィトックスα 薄毛

実際にヴィトックスαを使った方の中には、服用を始めてから抜け毛や薄毛が改善されたと感じている方もいますが、本当にヴィトックスαにそのような効果があるのでしょうか?

実は、ヴィトックスαに含まれる血行を促進する成分は、抜け毛や薄毛を予防したり、改善したりする効果が期待できるんです。

抜け毛や薄毛の原因は、加齢やストレスなどさまざまですが、血行不良も大きな原因です。

頭皮の血行が悪くなり、栄養が行き届かなくなると、髪の毛を生成する毛母細胞が弱ってしまいます。

毛母細胞が栄養不足に陥ると、髪の毛が抜けやすくなったり、細く弱い髪しか生えてこなくなったりします。

ヴィトックスαに含まれるL-シトルリンやアルギニンにより血行が促進されると、頭皮にも十分な血液が通うようになり、毛母細胞の栄養不足が解消され、抜け毛が減ったり、強くコシのある髪が生えたりなどの効果が期待できます。

ただし、ヴィトックスαによって血行が改善されても、喫煙や睡眠不足、運動不足などの生活習慣により、再び血行が悪くなってしまうおそれがあります。

ヴィトックスαの効果を十分に発揮するには、こうした生活習慣を改善し、血行を促進する必要があります。

ペニス増大とともに抜け毛や薄毛の改善を期待するのであれば、生活習慣の改善にも積極的に取り組んでみてください。

 

ヴィトックスαとプロペシアは一緒に飲んでも大丈夫?それともNG?

ヴィトックスα プロペシア

ヴィトックスαとプロペシアを併用した場合、効果がなくなったり副作用が起きる危険はないのでしょうか。

プロペシアはAGAの治療に使われる薬品で、男性ホルモンに作用し薄毛や抜け毛を改善します。

一方、ヴィトックスαには亜鉛やアルギニンなど、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促す成分が含まれています。

この二つを同時に服用すると、効果を打ち消し合ってしまうのではないかと心配な方もいるかもしれませんね。

でも、プロペシアは男性ホルモンに作用する性質はありますが、男性ホルモンの分泌を抑える効果はないんです。

また、男性ホルモンを変質してしまう働きもありません。

プロペシアは男性ホルモンではなく、5αリダクターゼという酵素を阻害します。

5αリダクターゼは男性ホルモンと結びつくことでジヒドロテストステロンを生み、薄毛や抜け毛を引き起こします。

したがって男性ホルモンの分泌量が増えても、薄毛や抜け毛の原因にはなりません。

ただし、持病のある方や病院で処方された薬を常飲している方、他社の増大サプリで副作用のあった方は、ヴィトックスαを使う前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

また、アレルギーのある方は、サプリの成分にアレルゲンが含まれていないか事前に確認するとより安心ですよ。

⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ