ヴィトックスα extra editionとゼファルリンを比較してみました

ヴィトックスα extra editionとゼファルリン比較

ヴィトックスα extra editionに並び、ゼファルリンもインターネットの口コミなどで評価の高いサプリメントです。

この二つの製品の違いについて、価格や成分などの面から比較してみました。

価格

ヴィトックスα extra editionは1箱(30粒)につき通常価格21,384円(税込)です。
ただし、公式サイトで購入すると1箱13,824円(税込)、さらに2箱なら26,514円、3箱で37,324円、5箱で55,296円とまとめ買いするごとに割引される額も大きくなります。

一方、ゼファルリンは1箱(約1ヶ月)で通常価格14,800円(税込)ですが、こちらも公式サイトで購入すると13,800円(税込)で購入できます。
また、2箱で23,800円(税込)、3箱で33,000円(税込)、4箱で41,400円(税込)、5箱で49,400円(税込)とまとめ買いする量に応じて割引率が大きくなる点もヴィトックスα extra editionに似ています。

成分

1箱あたりの価格はゼファルリンに比べ、ヴィトックスα extra editionのほうが高価ですが、ヴィトックスα extra editionはL-シトルリン、アルギニンをはじめ136種類の成分が配合されているのに対し、ゼファルリンは59種類と、ヴィトックスα extra editionのほうが多くの成分が含まれています。

さらに、ヴィトックスα extra editionに含まれるL-シトルリンは従来製品の2倍など、多めの量が配合されているのもヴィトックスα extra editionの特徴です。

ゼファルリンは朝鮮人参やマムシ、冬虫夏草など漢方に使用される天然由来の成分を豊富に含んでいます。

使い方

ヴィトックスα extra editionはカプセルを1日1~3錠、就寝前の服用を推奨しています。
ゼファルリンは2種類のサプリメントを、1日2錠ずつ服用します。

どちらも薬品ではなくサプリメントなので、飲むタイミングや量は厳密には決まっていませんが、副作用を起こすリスクを減らすためにも、メーカーが推奨する用法・用量を遵守しましょう。

また、どちらの製品にも共通して言えることですが、長期的に継続して飲み続けなければ、効果を実感できません。

自身の経済状況や体質、ライフスタイルなどを考慮したうえで、より無理なく続けやすいほうを選びましょう。

現在、ヴィトックスα extra editionはキャンペーン中なので購入するなら今がお勧めです。

 

ヴィトックスαはこれまでの男性サプリと何が違う?

ヴィトックスαはインターネットの口コミでも評判が高く、3年連続で売り上げナンバーワンを記録しています。
既に27万個を売り上げているヴィトックスαですが、数ある男性用サプリの中でも、なぜヴィトックスαがこれほどまでに売れ続けているのでしょうか。

ヴィトックスαが支持される理由を紹介します。

ペニスの増大、サイズアップに効果的

ヴィトックスαはL-シトルリンやアルギニン、マカ、ガラナをはじめとし、100種類以上にも及ぶ成分が含まれています。
特にL-シトルリンは従来製品の2倍の量を配合し、ペニスのサイズアップや勃起力の向上などの効果が期待できます。

このL-シトルリンは化合物ではなく肉類や果物などの食品にも含まれる成分で、副作用のリスクもほとんどありません。

精力の向上にも期待できる

ヴィトックスαに含まれるレスベラトロールという成分は、サーチュイン遺伝子を活性化させ老化防止や若返りの効果があると言われています。レスベラトロールはポリフェノールの一種で、ブドウや赤ワインに含まれる成分です。
レスベラトロールによりサーチュイン遺伝子が活性化されると、全身の細胞が活性化し、骨や皮膚だけでなく、ペニスの細胞も活発にします。

さらにレスベラトロールにも、L-シトルリンのように血行を促進する作用があるため、ペニスのサイズアップに加え、勃起する力を高める効果も期待できます。

即効性がある

公式サイトによると、飲みはじめてから平均で5日で効果が実感できると案内されています。
しかし、ヴィトックスαは医薬品ではなくサプリなので、効き目があらわれるまでの期間には個人差があります。
人によっては数ヶ月かかる場合もあり、長期間継続して飲み続けることが重要です。
ただし、ヴィトックスαバイアグラのように一時的な作用にとどまらず、服用をやめた後も元のサイズに戻ってしまうことはありません。

これらの特徴からヴィトックスαは初めてサプリを使う方からリピーターまで、多くの男性から支持され続けています。

⇒ヴィトックスαのキャンペーンへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ